FC2ブログ

子宮頸がんワクチン

痛みの原因を調査するそうです。

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に痛みを訴える中高生が相次いでいる問題で、日本線維筋痛症学会と厚生労働省研究班は27日、発症原因を探るための調査を始める方針を明らかにした。ワクチンの成分が発症のきっかけになっている可能性があるという。来年度中に全国50~100施設で数千人規模を調査する予定。

 線維筋痛症は全身に慢性の痛みが起こる病気。原因は不明だが、脳内の神経の炎症によって疲労や抑うつなどのさまざまな症状を起こすと考えられている。国内の患者数は推定約200万人。

 研究班によると、子宮頸がんワクチン接種後に痛みを訴えている患者の中に、線維筋痛症と診断された人がいる。また海外では、ワクチンのアジュバント(免疫補助剤)が線維筋痛症などの病気を誘発するとの報告があった。

 そこで、同学会と研究班は、全国の施設で線維筋痛症と診断された患者を対象に、子宮頸がんワクチンに加え、すべてのワクチンの接種の有無、ワクチンを接種した人には症状への影響などを分析することにした。

 研究班長で桑名市総合医療センター(三重県)の松本美富士(よしふじ)顧問は「ワクチンの成分が脳内の炎症を誘発している可能性がある」と話す。

 子宮頸がんワクチンをめぐっては、痛みが相次いだため、接種の推奨が一時中止されている。安全性を評価する厚生労働省の専門家検討会が先月、痛みの原因を「ワクチンの成分とは考えにくく、心身の反応」との見解をまとめたが、接種推奨の再開にいたっていない。【下桐実雅子】


推奨されていませんので、自己責任です。
よく考えてうけてください。
もし、打ってしまって神経障害のある方は、ぜひホメオパシーの子宮頸がんワクチンのレメデイをとり
排出しましょう。

いろいろなワクチンにもアジュバンドと言われるアルミナと水銀がはいってますので、
インフルエンザワクチンなど毎年打ってる方は、AlumとMerc はとったほうがいいです。

ホメオパシーは、物質がなくなるほど希釈していますので、それ自体が作用をおこすことはありません。
何か起きたとしたら、自己治癒力がいらないものをだすために、熱、発疹などだし、
身体のそとへ押し出そうとしている、治癒過程です。
熱をとめると、ウィルスを殺せないまま身体のなかに残してしまいます。
自分の力で出し切りましょう。
スポンサーサイト



このブログについて

松田治療院

松田治療院

ようこそ!
東京中目黒にある松田治療院院長のブログです。
松田治療院では、人間本来の治る力を引き出す治療を行っています。心に不安のある方、身体に不安のある方、まずはお気軽にご相談ください!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログを携帯電話で見る
QRコードを読み取って、携帯電話からも簡単アクセス!
QR